0824-72-3762

〒727-0004 広島県庄原市新庄町131−3

仲間を増やして全商連総会を迎えよう!


民商・全商連では、11月15日に開催される全商連第54回総会を「コロナ禍に負けず、増勢に転じよう」と、全国で「秋の運動」を展開しています。庄原民商では松浦会長が「困った業者を助けたい」と会員や知り合いに声を掛けています。

訴えとお願いのメッセージをご紹介します。

「会員・商工新聞読者のみなさん、コロナ禍の中、いかがお過ごしですか?商売はどうですか?消費税増税に続き、想定外の新型コロナウィルスにより、商売も暮らしも青息吐息の状態です。私は美容業ですが、なかなか客足が元には戻りません。町全体が閉塞感に覆われているような息苦しさを感じていますが、何とかしなくてはいけないと、日々知恵を絞っているところです。民商・全商連では、『使える制度は全て使い商売とくらしを守ろう』と呼びかけ、支援しています。国や自治体へ制度の改善や創設を求める要請も繰り返し行っています。現場からの生の声を届けることで持続化給付金や家賃支援給付金、雇用調整助成金などの改善に繋がりました。みなさんの周りに、給付金や国保の減免などの制度を知らない人、手続きができなくて困っている人はいませんか?私はコロナのせいで廃業や倒産する人をなくしたいと声を掛けていますが、一人では限界があります。要求実現にも数の力が必要です。みなさん、ぜひ知り合いや周りの人に気軽に声をかけてください。そのひと声で救われる人がいるかもしれません。
民商では「消費税を5%へ引き下げ、インボイス制度撤回」へも取り組んでいます。
署名もよろしくお願いします。

会長:松浦久夫


コメントは受け付けていません。